住居にとめられているコンパクトカー

Shutterstock

クルマを売る!一括査定で余裕資金ねん出!手堅くて納得できる方法とは

クルマ購入のスタイルは最近、昔に比べて、ずいぶん変わってきました。購入時にいろんな新サービスを利用すれば、これまでより、かなり手元資金を増やして、より理想のクルマを買えるようになってきています。クルマの「買取」とか、「一括査定」といった新サービスが、それを実現してくれます。ただ、インターネットでそのあたりの情報を調べると、どこまで信じていいのか分からない話であふれています。私自身、これまでクルマを買い替える際に、いろんな新しいサービスを試してきましたが、期待を裏切られ、強引なやりかたに辟易とした経験が何度かあります。そこで、直近で買い替えるときにはいちばん手堅くて納得できる方法を、下取りを含めて本気で探りました。結果、よく言われる買取会社からの電話攻撃にさらされることなく、一括査定によってうまく前のクルマを高く売ることができました。クルマの買い替えはそんなに頻繁にできないので、まだまだ経験値は浅いですが、それでも現状で、私がもっともお薦めしたい新サービスについて、詳しくご説明させてください。

まだ下取りでクルマを買い替えてるの?

コンパクトカーの風景写真

Shutterstock

ここをクリックして記事を表示

下取りと買取、どう違うの?

下取りが買取より魅力的な点は…

クルマを購入するときには、クルマのディーラー(販売店)でお金を出して買うわけですが、これまで乗っていたクルマがあれば、ディーラーがそれを買って引き取ってくれます。

その引き取り額は、クルマ購入の頭金に充当されます。

いわゆる「下取り」ですね。

この下取り価格をどれだけ高くしてもらえるか、ディーラーの営業スタッフと交渉するのが、これまでのクルマ購入のパターンでした。

このしくみには優れた点もあります。

第1に、下取りを利用すれば、いままで乗っていたクルマの売却処分から次のクルマの購入まで、すべてディーラーの店でまとめてできることです。

これは本当にラクです。

第2に、下取りであれば、あなたは、納車予定がよほど先でないかぎり、次のクルマが納車されるまで、それまでのクルマを手放さないで乗り続けることもできるのです。

これは非常にありがたいしくみです。

もしあなたが前のクルマをどのくらいの値段で売れるのか、あまり気にならないようなら、こうした下取りを利用するのがいちばんいいのかもしれません。

買取が下取りより魅力的な点は…

けれども、下取りのしくみには問題点があります。

下取りでは、次のような理由で価格があまり高くならない傾向があるのです。

ディーラーは競争にさらされていない

第1に、ディーラーのなかだけで完結するため、ディーラーからしてみれば、前のクルマの買取については、ほかの手強いライバルと直接競争しないですむわけです。

一方、買取会社は、ディーラーと違って、はげしい競争にさらされています。

そもそもディーラーの下取り価格より高値を提示できなければ、みんなに相手にしてもらえなくなりますから必死です。

価格は自然と、つりあがっていきます。

それから、ディーラーでは、あなたのクルマに人気装備がついていても、下取り価格に加算してくれることは、ほとんどありません。

これに対して、クルマ買取では人気装備なども価格にダイレクトに反映され、高値になることがよくあります。

この違いも大きいです。

ディーラーは相場変動リスクを抱えている

ディーラーの下取り価格が高くなりにくい2番目の大きな理由は、ディーラーがクルマを転売できるようになるまでに時間がかかるという点にあります。

なにしろ、ディーラーの場合、あなたとの売買契約が成立しても、あなたに次のクルマを納車できるまで、一般的には、前のクルマをあなたにとられたままなのです。

中古車マーケットには会社間のオークションがあり、クルマの相場が刻々と形成されています。

相場は基本的に時間がたつにつれて下降していきます。

モデルチェンジやマイナーチェンジなどの発表などがあれば、その影響も受けます。

前のクルマは、もしかしたら、新しいクルマを納車する時点では評価額が下がっているかもしれません。

ディーラーは、このリスクを負わされますから、思い切った値付けができません。

一方、買取会社の場合は、すぐに転売できます。

買取会社が出す査定額は、有効期間が5日ほどしかありません。

そして会社は1週間以内には、あなたのクルマを引き取っていくのです。

だから会社は、相場変動のリスクをそれほど負わなくてすみます。

それであなたから高く買い取れるのです。

本気で買いたい買取会社

ディーラーの担当者は、あなたに自分のところのクルマを買ってもらいたいとは思っていますが、あなたが乗っていたクルマを本気で買いたいと思っているかどうかは定かでありません。

もしかしたら、あなたが乗っていたクルマについては熟知していないかもしれません。

プラス査定するべき要素を見落とす可能性もあります。

私は以前、乗っていたクルマがわりと自慢の特別限定車で、よく人から「これは高く売れますよ」と言われていました。

けれどもディーラーの担当者はまったく知らず、評価してくれませんでした。

こだわりの装備品には目も留めてくれませんでした。

私はこのことにびっくりしたと同時に、愛車が低く評価されたことにショックを受けました。

一方、買取会社は、クルマを本気で欲しいと思っています。

クルマが中古車市場でどのくらいで売れるか、よく知っています。

彼らは、あなたのクルマが売れる販売ルートを持つプロたちです。

彼らは、たとえ同業者との熾烈な競争になっても、買い落そうとしてきます。

結果、買取価格は高くなる傾向があります。

需要期に売れば、グンと高くなることも

買取の場合、その時点の相場価格がストレートに反映されます。

だから、もしあなたがいちばんクルマの需要が高まっている時期に売却したら、グンと高くなることもあります。

この点は後述しますが、相場の値動きに敏感なクルマ買取では、いいタイミングで手放せば、高く売れます。

結果、あなたの手元に余裕資金が増え、もっと理想のクルマを買うことができます。

新車の値引き交渉で、下取りは「かく乱要因」になりがち

値引き交渉と売却交渉は分離しよう

ディーラーでクルマを購入するとき、これまでは、新しいクルマの値引き交渉と、乗っていたクルマの売却交渉(下取り交渉)をまとめておこなっていました。

このやり方には、前述のとおり、納車されるまで前のクルマに乗っていられるなどの利点もありました。

けれども、まとめておこなっていると、あなたにとって好ましくないことも起こります。

それは、本当の限界まで値引きしてもらえないかもしれないという事態です。

途中で下取りのほうに話を移されてしまうのです。

本当に限界なの !?

次のクルマの値引き交渉をするとき、下取りというのは、値引きを最大までもっていくのを阻害する「かく乱要因」になることがあります。

お値引きはこれが限界なので、あとは下取りでここまで頑張らせていただきます!

こんなふうに言われて、本当に値引きが限界までおこなわれているかよく分からないまま、話を下取りのほうに移された経験はありませんか?

以前、私が買い替えた際も、ディーラーの担当者が「値引きは限界」と言っていました。

けれども、同じ車種の購入でもっと値引きを勝ち取った人の談話を後日ネットで見て、地団太踏みました。

下取りで、本当に高く買ってくれるのならいいですが、前述のような事情があるので、専業の買取会社ほどには高くなりにくいです。

下取りで頑張ると言われても、買取会社レベルまで頑張れるのか、ちょっと疑問です。

あなたが最大の値引きを勝ち取りたいなら、阻害要因になる下取りなどは、最初からやめておいたほうが賢明です。

ディーラーとの交渉では、本来の値引きだけに集中しましょう。

乗っていたクルマの売却については、もっと高く買ってくれる買取会社を相手に進めてみませんか?

餅は餅屋!車買取ルートで売ろう

餅は餅屋という言葉があります。

その道のことはその道の専門家に任せるのがいちばんという意味ですね。

中古車の買い取りについていえば、買取会社が「餅屋」にあたります。

そこで、このページでは、どんな餅屋にどんなふうに任せたらいいのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

急成長しているギョーカイですから、一部には問題もあります。

よく聞くのは、申し込んだ数分後から次々と電話がかかってきて、対応にてんてこ舞いになるという利用者の口コミ情報です。

私自身は、電話攻勢などに巻きこまれずに手堅く高値をゲットする方法を試行錯誤してきました。

そのあたりをお伝えしていきたいのですが、その前に、買取(そして一括査定)を利用するときに最低限、知っておきたい基礎知識を整理しておきましょう。

 

査定のキホンを知っておこう

コンパクトカーが走る風景

Shutterstock

ここをクリックして記事を表示

クルマ買取のしくみとは

店に持ちこむもОK、来てもらうもОK

クルマ買取とは、買取会社(買取専門店や中古車販売店)に直接、クルマを売却することをいいます。

買取専門店や販売店では、あなたがすぐにクルマを手放してくれることを前提に、その時点の中古車オークション相場を基準価格にして買取価格を算定します。

あなたがこれらの買取会社のところにクルマを持ちこんで査定してもらってもいいでしょう。

一方、あなたの自宅などに出張してきてもらい、その場で査定してもらうこともできます。

査定にかかる時間は30分~1時間

査定には30分から1時間ほどかかるとみておきましょう。

1時間半くらいかかることもあります。

具体的には次のような感じです

外装に20分前後

傷やへこみ、色あせなどを、その会社のチェックリストに従って見ていきます。

損傷の大きさや状態を細かくチェックするので結構、時間がかかります。

足回りに5分前後

錆がないかなどを目視でチェックします。

エンジンルームに5分~10分

オイル漏れがないかなど、細かく見ていきます。最後にエンジンをかけて、状態を確かめます。

フレーム確認に5分前後

フレーム(骨格)に異常がないか、車体下などを含めて目視チェックします。

内装に5分~10分

ニオイやシートの汚れをチェックします。カーナビ、オーディオなどの細かなパーツも確認するので時間がかかります。

後述しますが、買取会社はこれらのチェックをした上で、あなたとの価格交渉をおこないます。

販売店では、あなたのクルマを買い取ると同時に、取り扱っている中古車をいくつかあなたにお薦めしてきます。

あなたのクルマは、買い取られた後、整備や修理がおこなわれ、中古車オークションにかけられます。

あるいは、その販売店で売られます。

一括査定とは

競争原理がはたらいて高くなりやすい

一括査定とは、あなたがクルマを売ろうとしていることを、いろんな提携先の買取会社に伝えて、それらの会社に査定させる無料サービスのことをいいます。

あなたは一社ずつ申し込む手間を省くことができます。

そして、クルマの買取価格は、1社にだけ査定してもらうより、たくさんの会社に査定してもらうほうが、競争原理がはたらいて高くなります。

一括査定は、そこを狙ったサービスです。

買取会社による査定はすべて無料です。

ネット申し込みが一般的

クルマ買取は、最近では、店舗に電話して持ちこむよりも、ネットで申し込むほうが増えてきています。

とくに一括査定なら、ネットで申し込むのが一般的です。

申し込みページで、記入欄にあなたのクルマの情報、あなたのメールアドレス、携帯電話番号などを打ちこんで送信すると、それらの情報が10社ほどの買取会社に流れます。

買取会社は、あなたが住んでいるエリアに合わせて選定されます。

あなたが買取会社を指定できるサービスも増えています。

買取会社たちはそれを受けて、あなたに電話やメール連絡をしてきます。

あなたと日程調整したうえで、自宅などに出張してきて無料でクルマを査定します。

査定は会社ごとにおこなわれますから、そのたびに立ち会わなければいけない手間は出てきます。

査定額はどうやって決まるの?

クルマはこうやって査定される

クルマの査定額は、どうやって決まっていくのでしょうか?

査定は、一般的には、クルマの車種ごとにきめ細かく刻々と出されている「中古車査定基準価格」を基準にしておこなわれます。

中古車査定基準価格というのは、一般財団法人・日本自動車査定協会が中古車小売流通の標準相場に基づいて公表している価格です。

この団体は、中古車の査定制度を支えるために運営されています。

この査定基準価格は、買取会社間のオークションに出品されたクルマが競り落とされた価格をもとに、刻々と更新されています。

もしあなたのクルマが、次のような項目に合致しているなら、査定額は、ちょうどこの基準価格近辺になります。

  • 外装は無傷でキレイである
  • 内装は無傷でキレイである
  • エンジンが走行に支障がない
  • 足回りが走行に支障がない
  • 車検の残月数が3ヶ月以上である
  • 走行距離は標準である
  • タイヤの溝の残りは1.6ミリ以上ある
  • 事故修復歴がない
  • 改造などがされていない
  • 腐食などが見られない
  • 臭い等がない

もしあなたのクルマに、以上に合致しないところがあれば、減額されていきます。

減額のしかたも、細かく決まっています。

買取会社によって提示額は変わってくる

買取会社は、このようにしてあなたのクルマの査定額を決めていきます。

査定のしかたはだいたい同じですが、それでもあなたに提示される買取価格にはかなりのばらつきが出ます。

それは、買取会社によって得意としているクルマが異なっているためです。

その時期に積極的に買い入れるクルマを決めてキャンペーンをしていることもあります。

さらに、その時期のノルマもありますから、算定の加減がばらつきます。

あなたのクルマを是が非でもほしい会社であれば、あなたの様子を見ながら、価格の上積みをしてくるでしょう。

ここからは、腹の探り合いです。

 

査定のベストタイミングとは

コンパクトカーがある風景

Shutterstock

ここをクリックして記事を表示

「売りどき」を逃さない!

査定のキホンがわかってきたら、いよいよ査定依頼の実行あるのみですね。

けれども、問題は、どんなタイミングであなたのクルマを査定に出すかです。

クルマが高く売れるのはこの時期だ!

あなたのクルマの価格は、時間がたつにつれて下がっていきます。

だから、もしいちばん高く売りたいなら、今すぐ売るのがベストです。

ただ、それを言い始めたら現実的でないので、もうちょっと季節的なトレンドをみてみましょう。

中古車オークション市場では、とくに次の時期に需要が大きくなります。

だから、あなたのクルマは、この時期に比較的高く売れるでしょう。

1~2月

中古車オークションで買取会社からクルマを買っているのは中古車販売店です。

その中古車販売店の多くは、1月から2月にかけて、クルマを買う意欲がいちばんおう盛です。

なにしろ、入社や転勤、転職前などでクルマ需要がいちばん多い年度末に、クルマをそろえておかなければなりません。

年度末には、決算に向けて売り上げを少しでも増やす必要もあります。

この年度末の”決戦”に備えて、中古車販売店がクルマを大量に仕こもうとするので、そのちょっと手前の1月から2月ごろに売るのがお薦めです。

7~8月

中古車販売店は、9月の中間決算期末にもセールをおこないます。

この中間期末に備え、やはり7月から8月にかけてクルマを大量に仕こみます。

結果、中古車オークションの相場も高めに推移します。

この時期に売るのもお薦めです。

クルマのタイプによっても売りどきがある

中古車販売店では、季節によって、よく売れるクルマが少しずつ変わってきます。

春なら、入社や転勤などに合わせて、コンパクトカーや軽自動車が比較的よく売れます。

夏の観光シーズンや冬のスキー・スノボーの季節には、SUVなどが売れます。

こうしたシーズン需要に備えて、店はその少し前に、クルマを買いそろえておこうとします。

だから、もしあなたがコンパクトカーを売却したいなら、春の少し手前に売るなど、高く売れそうなタイミングをみはからっていくといいでしょう。

SUVを売却したいなら、夏や冬の少し前に売るといいでしょう。

クルマが安くなってしまうのはこの時期だ!

逆に、クルマの買取価格が低くなってくるのは次のような時期です。

3月中旬~4月末、12月上旬~年末

3月には新車がたくさん売れて、その結果、下取り車がドッと中古車市場に入ってきます。

一方、この時期には中古車販売店では、駐車スペースが、下取りで引き受けたクルマや、お客さんに納めるクルマなどであふれかえっていますから、さらにクルマを買い足す余地がありません。

こうして供給過多になるので、クルマの買取価格は下がる傾向にあります。

同じ理由で、12月上旬以降も、価格が下がる傾向にあります。

モデルチェンジが発表された後

あなたのクルマのフルモデルチェンジやマイナーチェンジが発表されると、新型購入に向けて、従来型を買い控える機運が生まれます。

こうなると、従来型の相場がガクンと下がる恐れがあります。

ひどい場合は、暴落に近いこともあります。

そんなときは、あなたの車種だけでなく、ライバル車の相場も下がることもあります。

モデルチェンジ発表の影響はとても大きいので、注意しましょう。

高く売れる時期に売るためのスケジュールを組み立てていこう

クルマを買い替えるときには、次のような流れで進めていくといいでしょう。

クルマ買い替えの流れ

  1. まずクルマ買取会社などに、いまのクルマを査定してもらい、おおよその評価額をつかんでおく。
  2. ディーラーを訪問し、買いたいクルマの見積もりを出してもらう。下取りを依頼しない場合と、依頼する場合の2パターンを出してもらう。
  3. 買取会社の査定額とディーラーの下取り価格を比較して、ディーラーの下取りにかなり期待できそうだったら下取りを依頼する。そうでなければ、基本的には買取の一括査定を利用する。
  4. 一括査定を利用してクルマを売却し、手元資金を得る。
  5. その後はディーラーとの交渉に専念し、手元資金も生かして理想のクルマを購入する。
  6. 納車してもらう。

3月や9月など、次のクルマの値引きが大きく期待できそうな時期に購入するためには、3月末、9月末など、その時期のうちにディーラーからクルマの登録・納車まで済ませてもらう必要があります。

だから、次に買いたいクルマが購入契約のあと、納車までにどれくらいかかるのか、事前に調べておきましょう。

そのうえで、狙った時期に納車までしてもらえるように、あなたのスケジュールを固めていきましょう。

あなたの場合はどんな作戦でいく?

いま乗っているクルマをいつ売却するか。

そして、次に買いたいクルマをいつ購入するか。

そのスケジュールは、あなたが、クルマのない期間があっても構わないのか、いつもクルマがないとまずいのか、それ次第で変わってくると思います。

クルマのない期間があっても構わない場合

もしあなたがクルマを通勤・通学や家族の送迎などに使っていないなら、次のクルマが納車されるまで、自宅にクルマがない状態が続いても大丈夫ですよね。

それなら、いま乗っているクルマについては、いちばん高く売れるタイミングで早めに査定に出し、売却することをお薦めします。

あなたの場合、最高の買取価格で売ることができるでしょう。

次のクルマを選ぶよりも前に、買取の手配を進めていきましょう。

そのうえで、買いたいクルマを最安値が期待できるタイミングで購入していきましょう。

クルマがいつも必ず必要な場合

もしあなたが普段の通勤・通学や家族の送迎などにクルマを使っているなら、自宅にクルマがまったくない期間はなるべく短くしたいですよね。

その場合は、いま乗っているクルマの売却をできるだけ遅らせて、同時に、次のクルマの購入を早める必要があるかもしれません。

最高値のクルマ売却や、最安値のクルマ購入が難しくなるかもしれませんが、クルマのない期間をつくらないように、スケジュールをうまく組み立てていきましょう。

無料代車サービスもうまく活用しよう

大手の買取会社は、数週間ほどであれば、無料で代車を貸してくれることがあります。

クルマのない期間をつくりたくない場合は、この無料サービスを利用してもいいでしょう。

ただし、代車の数には限りがあります。

とくに年度末が近づくころには、奪い合いになる可能性があります。

だから、査定を依頼するときに、代車を利用したいことを早めに伝えてキープしておくことをお薦めします。

納車のすこし前に売却するという手も

クルマがいつも必要であれば、前のクルマをあまり早く手放さないで、納車のすこし前に買取会社に売却するという手もあります。

納車までの短い期間だけ、買取会社の代車を借りる作戦です。

この場合、事前に査定を受けていても、再査定を受ける必要があります。

早めに手放すよりも、ちょっぴり買取価格が下がる可能性もあります。

けれども、納車まで本当に長い空白期間があるなら、この作戦が現実的かもしれませんね。

 

あなたに合ったサービスを利用しよう

クルマのある風景

Shutterstock

クルマ買取や一括査定のサービスはとてもたくさんあります。うまく使いこなすためには、それぞれの特徴を理解しておいて、いちばんあなたに合ったものを利用することが大事です。そこで、あなたがクルマを買い替えるときにお薦めのサービスを、その特徴によって少し整理したうえでご紹介させていただきます。

ここをクリックして記事を表示

いろんなサービスを俯瞰して比べやすいように、個々の詳細説明の部分は、さらに、いったん見えないようにしてあります。個々の詳細を見るときには「+ ここをクリックすると詳細が表示されます」を押してください。

ディーラー以外に一度査定してもらう

あなたのクルマが中古車市場でどれくらいの価格なのか知りたいときには、次の3つのサービスのどれかを利用するといいでしょう。

この3つのサービスは、1社だけに査定してもらうものです。

複数の買取会社に査定してもらうわけではないので、競争によって高い価格になっていくことは期待できません。

けれども、複数の買取会社に対応するときほどの煩雑さはありません。

よく言われる「たくさんの買取会社から電話攻勢を受ける」こともありません。

だから、初心者でも比較的使いやすいです。

もしあなたが、ディーラーの下取り額が相場に比べて低いのか高いのかを判断するため、クルマの評価額をざっくりつかんでおきたいなら、これらのサービスはとても役に立つと思います。

グー買取

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

ポイント

まず、おおまかな相場をチェックできます。

あなたのエリアで、あなたの車種を買い取り強化中の買取会社に査定依頼できます。

あなたが買取会社を選ぶ方式なので、営業電話を受けることはありません。

+ ここをクリックすると詳細が表示されます

グー買取の特徴

あなたが住んでいるエリアで、あなたが所有している車種を積極的に買い取っている買取会社があれば、おそらくその買取会社はかなり高めに買い取ってくれることでしょう。

そんな買取会社に査定してもらいたければ、この「グー買取」を利用することをお薦めします。

グー買取は、中古車情報サイト「グーネット」系列のクルマ買取サービスです。

「グーネット」は、後述する「カーセンサー」とともに大変有力なクルマ情報サイトです。

この買取サービスでは、あなたのエリアであなたの車種を買い取り強化中の買取会社を仲介しています。

ネット上で、クルマの車種、年式、グレード、クルマの色、走行距離、郵便番号、メールアドレスなどを入力して送信すると、まず、あなたのクルマの大まかな相場が表示されます。

そして買取強化中の買取会社が一覧表示されます。

買取会社の情報やユーザーのレビューが出ていますので、それらを参考にして買取会社を選び、1社に査定依頼するしくみになっています。

私もこのサービスを利用してみました。

意外に遠いところの買取会社も表示されますが、買取強化中であることがひしひしと伝わっている買取会社に依頼してみると、実際に、そのクルマをよく知っていて、装備も含めてきちんと評価してくれます。

 

オートバックス

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

ポイント

オートバックスの独自査定システムにしたがって買取価格を出してくれます。

口頭ではなく、きちんと紙に印刷して渡してくれます。

査定価格は5日間有効でゆっくり検討させてくれます。

しつこい営業はありません。

+ ここをクリックすると詳細が表示されます

オートバックスの特徴

オートバックスの公式サイトで店舗を選び、予約したうえでクルマを持ちこむと、独自の査定システムにしたがって、ていねいに査定価格をはじき出してくれます。

多くの買取会社は、査定価格を口頭で言うのみで、紙にすることを嫌がるのですが、オートバックスでは紙に印刷してくれます。

そして、どうしてもこの価格になるのか説明してくれます。

自分のクルマの評価額をざっくりと知りたいときには、こうした対応は本当にありがたいものです。

買取会社によっては、「きょう決めてくれないとこの価格より低くなる」などと言うところもあります。

けれども、オートバックスの場合は、算定した査定価格を5日間保証してくれます。

だから、その間にディーラーやほかの買取会社などにもあたってみることができます。

個人的にオートバックスは大好きで、用事がなくてもよく店を見に行きます。

査定依頼の場合も、車検などのときと同じように、ほんとうに親切ていねいに接客してくれたのが印象に残りました。

しつこく営業されることはまったくなくて、さばさばしています。

ただ、査定価格は後述する一括査定のときよりも、ちょっと低めでした。

後述しますが、オートバックスには、この店舗のサービスのほかに、一括査定で出張してきれくれるサービスもあります。

そちらのほうが競争相手もいるためか、高めの査定価格を提示してくれることがあります。

 

T-UP

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

ポイント

公式サイトでまず大まかな相場を知ることができます。

サイト上で店を選べます。

しつこい営業はありません。

トヨタ系なので初めての人でも敷居が低いでしょう。

+ ここをクリックすると詳細が表示されます

T-UPの特徴

T-UP(ティーアップ)は、トヨタ系の買取ネットワークです。

トヨタ系の中古車販売ネットワーク「トヨタU-CAR」にクルマを供給しています。

買い取ったクルマを中古車オークションに出さず、系列販売店で売る「直販型買取店」です。

自動車メーカー系の直販型買取店としては断トツの実績があります。

業界全体でみても、直販型買取店大手のガリバーと並ぶほどで、店舗数では日本最大規模を誇ります。

ここでは、トヨタ車だけでなく、ほかのメーカーのクルマも買い取ってくれます。

ただし、買取価格については、公式サイトでうたわれているほど、ほかの買取会社に比べてスゴイ!といううわさは聞きません。

トヨタ以外のクルマや、年数のたったクルマなどに冷たいという口コミも目立ちます。

ここの魅力は、何といってもトヨタブランドの安心感です。

初めての人でも、安心して査定依頼することができるでしょう。

トヨタ系列販売店でトヨタ車を下取りに出そうと思っている人は、下取りよりもT-UPに買い取ってもらったほうが高額になる可能性が高いので、試してみるといいでしょう。

 

競わせて買取価格を高くする

以上が、初心者でも比較的とっつきやすい買取サービスです。

おそらくは、ディーラーで提示される下取り価格よりも高額で買い取ってくれるでしょうから、まずはこうしたところに査定依頼してみるといいと思います。

けれども、査定は1社に頼むのではなく、複数の買取会社に頼むことが大事です。

競り合いになると、査定価格が高くなりやすいのです。

一括査定サービスを利用すれば、複数の買取会社が競り合いとなりますから、かなりの高額査定が期待できます。

もちろん、一括査定は既述のとおり、買取会社がわれ先にとあなたに電話をかけてきますので、ちょっと、敷居が高いかもしれません。

それでも、ちょっと手間をかければ高額で買い取ってもらえて、次のクルマへの投資額が増えるのです。

以下は、一括査定サービスのなかで、買取会社からの過度の電話攻勢を避けられる有力サービスです。

私が直近でクルマを買い替えたときには、いい機会なので、以下のサービスを両方とも試してみました。

予想通りに、うれしい高額査定をもらえました。

試してみる価値はあると思いますので、ここにご紹介させていただきます。

ユーカーパック

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

ポイント

ユーカーパックの査定員が、買取会社の代わりに査定するしくみ。査定が1回ですみます。

査定結果が約5,000社の買取会社に公開され、買いたいと思った会社が価格を提示します。競り合いになるので、高額が期待できます。

個人情報は公開されませんので安心です。

しつこい営業電話を受けることもありません。

+ ここをクリックすると詳細が表示されます

ユーカーパックの特徴
査定が1回ですむのは大きな利点

ユーカーパックは、比較的新しく登場したサービスなのですが、買取会社からの電話攻勢を嫌うユーザーの支持を受けて急成長しています。

公式サイトで査定を申し込むと、買取会社たちではなく、ユーカーパックの査定員からあなたに連絡が入ります。

あなたの自宅か、ユーカーパックの提携先ガソリンスタンドで査定を受けてください。

通常の一括査定の場合は、たくさんの買取会社からそれぞれ査定を受けるわけですが、ユーカーパックなら1回ですみます。

これは大きなメリットだと思います。

査定のときにガソリンスタンドを使えるのも、意外にありがたいです。

近所の人の目にさらされることなく、クルマをチェックしてもらえます。

ただ、査定項目が400以上あり、ていねいに見ていきますので、ほかの買取会社の査定のときよりも時間がかかることがあります(私のときには1時間半近くかかりました)。

最高額を提示した買取会社に売却

この査定データをもとに、あなたはユーカーパックのサイトで、あなたのクルマを「出品」するかたちになります。

あなたが出品したクルマに対して、多くの買取会社から次々と買取希望価格が提示されていきます。

あなたはその様子をサイトで閲覧できます。

ユーカーパックで買取会社に開示されているのは、あくまでもクルマの査定情報だけで、あなたの個人情報は開示されません。

通常の一括査定では、買取会社にあなたの個人情報が流れることが多いのですが、それに比べて安心感があります。

ユーカーパックが間に入るから不安軽減

最高額を提示した買取会社に対して、もしそれでОKなら売却承認を伝えてあげましょう。売却承認のボタンをクリックすれば、それで終了です。

売買契約が成立したら、まずユーカーパックのセンターと必要書類のやりとりをします。

その後、車検証や自賠責保険証明書などの携行が義務付けられている書類とともに、あなたのクルマを買取会社に引き渡しましょう。

買取代金は、ユーカーパックからあなたの口座へ振り込まれます。

このようにユーカーパックが間に入ることで、利用者の不安を軽減してくれます。

このしくみはとてもよくできていると思います。

初心者にもお勧めの手堅いサービス

買取会社からすれば、このユーカーパックのしくみでは、あなたのクルマを実際に見て査定できるわけではありません。

このため、高額提示に慎重になる会社も出てきます。

そこがネックになっていて、通常の一括査定で買取会社に査定してもらう場合よりも、ユーカーパックでは、提示される金額が伸び悩むケースもあるようです。

私の場合は、ユーカーパックよりも、後述のカーセンサーのほうで最高額の提示があったので、そちらで売却を決めました。

そんな一面が否定できませんが、それでも、通常の一括査定サービスに二の足を踏んでいる初心者にはかなりお薦めしたいです。

ディーラーの下取り価格よりも高額の査定を、手堅くゲットできるサービスとして、ユーカーパックはこれからさらに人気が広がっていくことでしょう。

 

カーセンサー

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

上の画像をクリックすると、別画面で公式サイトが表示されます

ポイント

大手から地場中小まで多彩な買取会社が参加しているので、いろんなタイプの買取会社に依頼することができます。

査定依頼先の買取会社をあなたが選べます。

業界最多の最大30社に依頼できます。

電話連絡の時間帯を指定したり、「メールのみ」と明記したりできます。

+ ここをクリックすると詳細が表示されます

カーセンサーの特徴
多彩な買取会社から査定先を選べる

カーセンサーは、リクルートグループが運営しているクルマ情報サイトです。

このサイトには、全国約1,000社の買取会社が参加しています。

一括査定の代表格だといえます。

あなたは、査定を依頼したい買取会社をいろんな候補のなかから選べます。

カーセンサーには、前述のオートバックスやガリバーなどの大手もほとんど参加しています。

そして、コンパクトカーに強い会社や輸入車も扱う会社など、いろんな個性的な会社が入っています。

それらのなかから選ぶことができるのです。

クルマの買取は、大手よりも中小のほうが提示額が高いこともありますので、ぜひ、多様なタイプの買取会社をチョイスしてみてください。

オートバックスも、店舗ではなく、一括査定で出張してくる場合には、ライバルがいるのでさらに高額を提示してくれる可能性があります。

厳選した数社にだけ依頼してもいい

最大30社から選べるとうたっているのですが、実際には、エリアによって選べる社数は異なります。

私のエリアでは、7社だけでした。

けれども、そもそも査定依頼先は、現実にはそこまで必要ないと思います。

査定には、1社ごとに30分から1時間くらいはかかるのです。

忙しいなかで、利用者がこなせる数には限界があります。

私の場合は、すでにグー買取やオートバックス、ユーカーパックなどの査定を受けた後でしたので、カーセンサーでは、4社だけに絞りました。

それでも、グー買取などの査定結果も踏まえて交渉した結果、高額査定を得ることができました。

もちろん、あなたがもっと多くの買取会社と交渉するなら、さらに高額を引き出せるかもしれません。

電話攻勢をある程度防げる

カーセンサーの査定申し込みページには、「連絡希望時間帯」の記入欄があります。

ここにあなたの希望を書いておけば、買取会社からの電話攻勢をある程度減らすことができます。

もしあなたが電話を一切希望せず、メールだけでやりとりしたいなら、「メールのみ。電話不可」などと記入しておきましょう。

あなたが仕事時間以外の時間帯だけ電話に出られるなら、「平日夜19時から21時のみ」「土日のみ」などと記入しておくことをお薦めします。

私の場合は、「メールのみ」と記入しておきました。

それでも電話してきた会社が大手で2社ありましたが、ある程度、電話攻勢を防げたと感じています。

電話をかけてきた2社とやりとりして感じたのは、相手の肉声を聞きながら査定日時などを詰めていける電話は、意外にメールよりも便利でよかったということです。

ある程度、かかってくる電話の本数を減らせたら、あとは、積極的に電話を使っていっても悪くないかもしれません。

 

そのほかの有力な一括査定サービス

一括査定の新サービスは結構、増えてきています。

私自身がそれらを体験できていないのでご紹介できる立場にはありませんが、ご参考までに、有力な一括査定のサービス名だけ列挙させていただきます。

個人的には、上記のサービスで十分でした。

上記のサービスでは、どれも電話攻勢などのしつこい営業を受けることなく、手堅く、納得の高額提示を得られたと思っております。

下記のサービスのなかには、申し込んで1分もしないうちに、たくさんの買取会社から電話がかかってくるものもあります。

「いますぐお邪魔させてください」「すぐに買い取らせてください」という感じで、電話口の買取会社は鼻息が荒いかもしれません。

買取会社からすれば、ライバルよりも早くあなたと契約したいわけです。

そういう状況になりますので、申し込むときには、心の準備をしておきましょうね。

ズバット車買取比較

買取会社約200社が参加しています。

ユーカーパックと同じように、最初に、あなたの車種の大まかな相場を知ることができます。

一括査定は、最大10社まで可能。

カーセンサーと同様に、あなたが買取会社を選べます。

かんたん車査定ガイド

買取会社約50社が参加しています。

ここも最初に、大まかな相場を教えてくれます。

入力項目がとても少ないので、文字通り、カンタンに申し込めます。

楽天オート

楽天系の買取サービスで、約100社が参加しています。

最大10社まで一括査定できます。

あなたが買取会社を選べます。

カービュー

ここはソフトバンクとマイクロソフトが共同で立ち上げた買取サービスです。

約200社が参加しています。

ここでは最大8社まで一括査定できます。

あなたが買取会社を選べます。

 

査定のときの注意点

マイかーの風景写真

Shutterstock

最後に、実際にクルマ買取や一括査定を利用するときの注意点などをまとめておきたいと思います。

ここをクリックして記事を表示

用意しておくもの

買取や一括査定の申し込みを超えて、自宅などで査定してもらうときには、事前に下記のものを用意しておきましょう。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証書

さらに、売却するときには、下記のものも必要になってきます。

  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

事前に買取会社に確認しておくようにしましょう。

こんなときはどうする?

次のような疑問をお持ちの人もいると思います。

クルマの傷やへこみは修理してから査定してもらうほうがいいの?

事前の修理は不要

いざ、査定を依頼することになったら、クルマの傷やへこみが気になってきます。

これを修理しておいたほうが、査定額がアップするのではないか……。

この点について結論から言いますと、多少の傷やへこみはそのままにして査定に出すほうがいいです。

なにしろ、あなたが修理に出したら、修理代がずいぶん出費となります。

もちろん直さないで査定に出せば、若干、査定に響くことがあるかもしれません。

けれども、あなたが恐れるほどの減額にはならないはずです。

買取会社は、安く修理できる提携修理工場などをもっています。

買取会社にとっては、多少の傷やへこみは、それほどのコストにならないのです。

だから、修理でお金を使わず、そのまま査定に出すことをお薦めします。

クルマはきれいにしておいたほうがいいの?

クルマの事前の修理は必要ありませんが、掃除はしておいたほうがいいでしょう。

クルマがきれいに掃除されているかどうかは、直接的には、査定にほとんど影響しません。

けれども買取会社の査定員の印象は、掃除されているかどうかで違ってきます。

とくに掃除しておきたいのは、クルマの内側です。

ニオイがひどいと査定に響きますので、そんなときは消臭剤などで対策を講じておきましょう。

シートのシミや汚れも、査定員が減額の口実として持ち出すおそれがありますので、きれいにできるかどうか、無理のない範囲で対策を考えてみましょう。

ローンが残っていても売却できる?

ローンが残っているときには、そのままでは売却できません。

クルマの名義があなたではなく、ローン会社になっているためです。

このため、まずはローンの残分を完済し、所有権解除をする必要があります。

ただ、ローンの組み換えや名義変更などを代行してくれる買取会社もあります。

早めに相談してみるといいでしょう。

いざというときに備えての注意事項

電話攻勢がしつこかったらどうする?

一括査定に申し込むと、前述のとおり、すぐにたくさんの会社から電話がかかってきます。

メールもいっぱいきます。

私も初めて一括査定の申し込みをしたときには、まったく回避策を考えていなかったので、電話攻勢にさらされて面食らいました。

電話やメールが完全にこなくなるまで1カ月近くかかりました。

電話攻勢を避けるためには、繰り返しになりますが、電話攻勢があまりこないサービスを利用することが肝要です。

もし電話攻勢が十分考えられるサービスを利用するのなら、電話対応できる日を選んで申し込むようにしましょう。

申し込んでから1分もしないうちに電話が鳴り始めることでしょう。

大手の買取会社では、申し込みが入ったら、担当窓口から自動的に電話が発信されるしくみになっているところもあります。

心の準備をしておきましょう。

ただ、相手があまりにも強引でしたら、きっぱりと断るようにしましょう。

会社が約束違反したら、はっきりと断ろう

出張査定に来た会社が、ほかの買取会社の様子を探ろうとして、なかなかはっきりした買取価格を言わないこともあるようです。

ネットでこのような口コミを読むと不安になってきます。

私の場合は、上述の手順で進めたことが幸いしたのか、幸い、こういう経験はしませんでした。

ただ、もし買取会社が査定したのになかなか買取価格を言い出さないようであれば、その買取会社にはお引き取りいただくつもりでいました。

買取会社がきちんと買取価格を提示してくれなかったら、ぜひ、あなたも毅然とした態度で断る心づもりでいてください。

契約後に減額を言い出されたら、毅然とした態度で臨もう

ネット上では、次のような書きこみが結構見られます。

  • かなり高い買取価格で売買契約することができたけれども、その後、事故歴(瑕疵)があると言われて、買取価格を下げられた。
  • 売買契約を結んだけれども、後日、エンジンのオイル漏れがあるという理由で買取のキャンセルを言われた。

一括査定では、このように売買契約後にトラブルが起きているケースもあるようです。

確かに、クルマの売買契約でも、クルマの売り主には「瑕疵(かし)担保責任」が発生します。

売買契約後でも、瑕疵(傷や欠陥)が見つかったら、買取会社は契約解除を主張できます。

この場合、重要なのは、あなたが事前にきちんと告知義務を果たしているかどうかです。

もし、あなたのクルマに欠陥があって、あなたがそれを知っているのに、事前に会社に告知していなかったら、ちょっと問題です。

逆に、もしあなたがすべて告知していたのなら、あなたには突っぱねる権利があります。

万一、売却したクルマになにかケチをつけられる点があったとしても、あなたが隠していたのでなければ、毅然とした態度で臨みましょう。

とにかく、事前にすべてガラス張りにして、告知義務を果たしておくことが大事です。

問題が解決しない場合は、あなたの住むエリアの消費者相談窓口や自動車公正取引協議会相談室などに相談してみるといいでしょう。

マイカー空白期間をどう過ごすか

クルマ買取や一括査定を利用する場合、乗っていたクルマを早めに引き渡してしまう結果、次のクルマが来るまでの間、マイカーの空白期間ができることがあります。

この空白期間をどう乗り切ったらいいのでしょうか。

既述のとおり、空白期間をできるだけ短くするように、クルマ売却のタイミングと、次のクルマを購入するタイミングをみはらうのが重要です。

けれども、どうしても空白期間ができてしまいそうであれば、次のようなサービスを組み合わせてもいいでしょう。

第1に、既述のとおり、大手の買取会社などでは無料で代車を貸してくれるサービスが増えています。

早い時点で、買取会社に代車を手配してくれるように頼んでおくといいでしょう。

ただし、代車サービスは2週間くらいまでが限界で、どんなに運が良くても、1カ月以上はまず難しいです。

そこで第2に、次のクルマの購入先ディーラーにも、代車を貸してもらえないかどうか聞いてみましょう。

ディーラーによっては、2週間くらいまでなら代車を貸してくれる場合があります。

第3に、クルマが必要なときだけ、最近増えているカーシェアリングを利用する手があります。

カーシェアリングサービスは10分、15分単位で使えます。

自宅の近所のステーション(カーシェアリングのクルマが置かれている駐車場スポット)を見つけて、カーシェアリングのクルマを上手に使いこなしてみましょう。

カーシェアリングについては、下記の記事をご参照ください。

カーシェアリングは、購入するクルマを決める際にもとても役に立ちます。

このサービスを利用して、じっくり試乗してみてください。

そうすれば、あなたの次のクルマがはっきりと見えてくることでしょう。

カーシェアリング比較!おすすめ10社の特徴・料金・車種などを徹底解説

必要なときだけクルマを利用できるカーシェアリングが日本でも広がってきています。いろんな会員制のカーシェアリングサービスを使えば、あなたもコンパクトカーからキャンピングカー(!)まで、本当にいろんなクルマを気軽に楽しめるようになります。クルマ ...

続きを見る

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

クルマの値引き術については、下記の記事でとてもくわしくまとめております。もしよければ、こちらのページにも立ち寄ってみてください。

クルマ購入!最大の値引きを引き出すためのポイントとは
新車購入!値引き交渉で最高にゴキゲンな成果をあげるコツ【完全版】

クルマを購入するとき、ちょっと難しいのが値引き交渉です。いったい、どんな作戦でアタックしたら最大の値引きをゲットできるのでしょうか。直近でクルマを買い替えたとき、私はネット上にあふれるアドバイスを見て、ちょっとビビりました。もちろん大変参考 ...

続きを見る

 
▼ 以下は私なりに厳選して実際に使って本当に良かったと思っているサービスの広告です。多くはこのサイトの記事でご紹介もしております。もし気になるものがあれば立ち寄ってみてください。
 
欲しいクルマの試乗はタイムズカーシェアで
 
三井のリパークでカーシェア「カレコ」
 
★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

ガリバーの中古車探しのエージェント

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

保険も賢くスマートに!あなたにあった一番安い自動車保険を一括見積もり!
 

 

 

更新日:

Copyright© コンパクトカーでいこう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.