コンパクトカーレビュー

小さいけど力強い!を実現したコンパクトSUV トヨタ ライズ(TOYOTA RAIZE)

2020年9月3日

トヨタライズ(TOYOTA RAIZE)とは?

トヨタ自動車のRAISE「以下ライズ」は2019年11月に販売開始をした5ナンバーサイズのコンパクトSUVです。同時期に発売されたダイハツ社ロッキーのOEM供給モデルとなっており、世間では兄弟車として認知されています。トヨタ自動車ではこれまで比較的コンパクトなサイズのSUVとしてC-HRを販売してきましたが、国内でのSUV人気により大きなサイズからダウンサイズした需要を取り込むという考えで、C-HRより更に小型のコンパクトSUVライズを開発し積極的に販売をしています。

 

ライズのエクステリア

ボディサイズは全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmと軽自動車より一回りだけ大きいサイズですが、標準で17インチタイヤ(Zに標準装備。G,X”S,Xは16インチタイヤ)を装備しており同じエンジンサイズのミニバンであるトヨタルーミーと比較すると外観はどっしりとした印象で大きく見えます。

水平な地上面から自動車の最も低い所までの垂直距離とされる最低地上高も185mmと高く設計されており路面状態が良くない場所や雪道でも問題なく走れるよう設計されています。特に北国における雪道での走行は4WD仕様にしておくことで更なる安心感を得れそうです。外観のデザインは5ナンバーサイズとは思えない堂々としたシルエットで、フロントは全幅に対しフロントグリルを大きくとる事で幅広感を強調すると共にSUVならではの力強さが伝わるデザインを演出しています。

リアのデザインも左右のテールライトを黒いバーでつなぎフロント同様幅広感をだしており、実際のサイズ感よりは大きく力強い印象を与えている感じでSUV好きのユーザーが好みそうなデザインとなっています。

 

ボディカラーは標準でモノトーン8色とオプションでツートン3色の計11パターンを用意しており比較的カラフルで鮮やかなターコイズブルーやマスタードイエローの他オーソドックスなホワイトパールやブラックの定番色もありカラーコーディネートによってはSUVならではの力強いデザインやスタイリッシュなデザイン等様々なアレンジも楽しめ老若男女問わず乗れる車になっています。

 

ライズのインテリア

ライズの特徴の一つであるインテリアのスペースはコンパクトなボディサイズとは異なり驚くほど広いという事です。全長が4m未満のボディなのに、前後の座席距離は900mmとゆとりがあり、前席、後席共に大人も子供も快適に座れる空間には驚きを隠せません。

また最後尾の荷室はコンパクトSUVクラストップレベルとなる369Lの容量を備え、普段の買い物や家族でのアウトドアでも十分なゆとりをもつラゲージスペースとなっています。荷室のデッキボードは2段構造となっており、フラットで出し入れがし易い上段時、たくさん積み込める下段時と荷物の容量とシーンによって使い分けができる考えられたデザインとなっています。デッキボードは取り外しも可能でデッキボード下の収納スペースを使う事で最長1,105mmの高さの荷物も収容ができ観葉植物等の高さがある荷物も立てたまま運ぶことも可能となっています。

 

 

ライズの運転席

フロント運転席部分はヒップポイント地上高を665mmという高い位置に設定することで、アイポイントも自然と上がり前方をしっかり視認できる見晴らしとなっており前方視界が広く確保できる設計になっています。また左後方の大きめのリアドアガラスとバックドアガラスにより広い視野の確保が可能となっており、駐車の際や車線変更の時も他車の位置や周囲の障害物が把握しやすい構造となっています。

 

フロント中央に位置するオプション品のディスプレイオーディオはスマートフォンとの連携が強化された次世代型のシステムとなっており、コンパクトでシンプルなデザインとなっています。スマートフォンと連携してのナビ案内をはじめ、電話、メッセージ、音楽などの機能を使えその他にTV(フルセグ)やAM/FMチューナー、Bluetoothも完備しドライブがより一層楽しめるシステムとなっています。またスマートフォンの音声認識を使う事で運転者の声で操作も可能となり、運転中の操作も安心してできる点はディスプレイオーディオならではのシステムといえそうです。

 

ライズの乗り心地

5ナンバーサイズのコンパクトSUVという事もありあまり期待をしていなかった乗り心地でしたが、エンジンは排気量1.0L・直列3気筒のガソリンターボエンジン搭載で家族4人で乗っても驚くほどスムーズな加速を実現しています。またライズにはハンドル右スポークのPWRボタンの操作でエンジン回転率を高い状態にキープしアクセル操作に対して優れたレスポンスをもたらす機能がついています。このモードを使う事でパワーを必要とする冬の雪道や山道でもSUVならではのアクティブな走りを期待でき、コンパクトながらもSUV独自の走りも楽しめそうです。

長距離ドライブでの高速走行時は1.5クラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮し尚且つ低燃費を実現した1.0Lターボエンジンで卓越した加速性能を実現させておりストレスを感じない走りが可能となっています。またACC(アダプティブクルーズコントロール)機能を備えており先行車がいない場合はドライバーが設定した速度での定速走行、先行車を認識した場合は自動で先行車の車速に合わせ減速が可能となっており長距離ドライブをサポートする機能も備えています。一方で市街地での運転では大径タイヤに似合わずコンパクトカーならではの小回りを生かし狭い駐車スペースでもストレスなく駐車できる点は駐車が苦手な人にも好まれそうなポイントです。

 

まとめ

いかがでしたか?
普段使いや長距離、また冬の雪道や山道でも満足の走りを実現するコンパクトSUVのトヨタライズ。価格も最上位機種以外は新車で200万円を下回る値段設定でもあり今までコンパクトカーでは満足いかなかったドライバーも注目する車種である事は間違いなさそうです。

  • この記事を書いた人
COMPACT CAR .net 編集部

COMPACT CAR .net 編集部

-コンパクトカーレビュー

Copyright© COMPACT CAR .net , 2020 All Rights Reserved.